たいへん便利なウォーターサーバー

最近では自宅用のウォーターサーバーが、以前に比べるとより多くの家庭で普及するようになりました。
ウォーターサーバーを取り扱っている業者の数も多く、様々な種類の水から好きなものを選ぶことができます。
このサービスを利用すると、自宅まで定期的に水が配達されます。
自宅でおいしいミネラルウォーターがいつでも飲めるだけでなく、ペットボトルの重い水を自分で持ち運ぶ必要がないため、たいへん便利なサービスだと言えます。
この点においては特に力のないお年寄りや女性には最適です。
またサーバーには冷水だけでなく、熱湯が出てくる機能もあるため、わざわざお湯を沸かさなくてもいつでも好きな時に熱い飲み物を飲むことができるというメリットがあります。
突然の来客でもすぐに飲み物を出すことができます。
またレンタルしているウォーターサーバーのメンテナンスは業者によって定期的に行われるため、不具合があっても修理してもらえて心配する必要がありません。

ウォーターサーバーのお湯でお茶を飲むなら

ウォーターサーバーは冷たい水だけでなく温かいお湯も出ますので、お茶やコーヒーなどを飲むときにもすぐ使うことができます。
ウォーターサーバーが自宅に来て初めて電源を入れた時は、お湯になるまでおよそ40分かかります。
お湯の温度は80度から90度に設定されているので、電気ポットで保温したのとほとんど同じです。
コックをひねればすぐ熱いお湯が出てきますので、沸かし直しは基本的には必要なく、急須やカップに直接注ぐこともできます。
ただコックから出てくるお湯を直接注いでもおいしいお茶やコーヒーにはなりません。
日本茶だと70度から80度くらいが適温ですから少しだけさました方がいいでしょう。
玉露だともっと低い温度が適温です。
逆に紅茶は熱湯でいれるので沸かし直しが必要です。
コーヒーもハンドドリップで入れる時は沸騰直前の温度が適しています。
おいしく飲むならサーバーから直接注ぐのではなく、それぞれに適したお湯の温度にしてから使うといいでしょう。